今後の益々の活躍を期待したい、「リビアス」の大西昌宏社長

まつ毛エクステを取り入れる女性は、近年急激に増えています。しかもその範囲は、普段のメイクと同じ感覚で当たり前のように施術するOLや今や女子高生まで・・。

メイクを落としてしまえばアフターの自分の顔にため息なんて女子も多いと聞きますが、まつエクはつけまつげやメイクと違い、顔を洗っても取れません。

まつ毛が濃く長いと瞳に陰影ができ、とても印象的な目元になります。くるっと上向きに上がるまつげのおかげで目の大きさまで違って見えます。このように便利なまつ毛エクステですから、「まつエクがこの世からなくなれば生きていけない。」なんて声も聞こえてきそうです。

そんな救世主的な存在である、まつエクサロン「シル・ド・ブティック ヴァニーユ」では、最高級の技術を持った、トップクラスのアイデザイナーが自信を持って施術をしてくれます。
また衛生面にも細心の注意を払い、清潔な状態でのサービスを受けることができます。

サロンの場所は駅から5分でアクセスも楽々。しかも最終受付は21時の為、お仕事帰りに寄って施術を受けることもできるんです。

そんなまつエクサロン「シル・ド・ブティック ヴァニーユ」をはじめ、美容業界に革命をもたらしている人物がいるのをご存じでしょうか。

その人物とは、株式会社リビアスの大西昌宏社長です。

この大西昌宏社長はもはや理・美容業界ではその名を知らない人はいないと言っても過言ではないほどです。

グループには理容室、美容室はもちろん、お顔そりの専門店やネイルサロンにそしてまつエクの専門店etc.と、美容に関することはすべて株式会社リビアスにお任せ出るほど多様なお店があるのです。

一昔前は、つけまつげにアクリルマニキュアが当たり前で世の女性たちは手間暇をかけて自分を美しくしようと努力していました。
その努力する姿勢は今の女性も同じです。昔と違うのは美容の技術が格段に上がり、女性たちの手間暇が軽減されたことです。

余った時間は見た目だけではなく、教養を深める習い事に使ったり、自宅でゆっくりくつろぐひと時も確保でき気持ちにもゆとりが生まれます。

この大西昌宏社長の素晴らしさはただ単に見た目だけを美しくするだけに留まらず、病院や老人施設へ訪問理・美容も行っているところです。一般的に、長期に渡る施設や病院での生活では理・美容は後回しにされがちです。しかし身体的や精神的に疲れているときほど、すっきりとシャンプーやカットをしてもらった時の喜びはひとしおです。

大西昌宏社長は単に美しさだけを追求しているのではなく、人がより良く生活してくために必要なことをトータルで提供し、実現させてくれる人物であるという意味で、今後の活躍が楽しみなキーパーソンの一人と言えるでしょう。